「実用ボールペン字」を学んで、資格取得を目指しませんか?

文字が与える印象というものは多く、「私、字が下手かも、、、」と悩んでいる方の中には、「実用ボールペン字」を学ぼうと考えていらっしゃる方も、少なくないと思います。

 

しかし、漠然と勉強するというのは、なかなか長く続かないものです、ですので、これから「実用ボールペン字」を学ばれる方は、「実用ボールペン時の資格取得」を目指してみてはいかがでしょうか?

 

実用ボールペン字徹底比較スペシャル|資格取得にもお役立ち

 

実用ボールペン字の資格は、「財団法人日本書写技能検定協会」が実施する、文部省認定の「硬筆書写検定」が主だった資格です。

 

 

ユーキャンの実用ボールペン字講座

 

 

 

これは、1964年に「ペン字検定」としてスタートし、1990年に「硬筆書写技能検定」に変更されました。

 

年に三回程度行われており、5級、4級、3級、2級、準1級、1級に分かれています。

 

一般的には「1級、準1級は指導者を目指す方向け」で、「2級」より下の級は資格試験取得のための級と考えられています。

 

問われる内容は、実技と理論に分かれています。

 

もちろん、上の級になればなるほど、難易度は高まります。

 

また、難易度や各設問で筆記具が指定されており、
・油性マーカー
・サインペン
・ボールペン
・つけペン
・万年筆
・デスクペン
・鉛筆
といった筆記具で文章を書かなければなりません。

 

なお、受験する級によって異なりますので、注意して下さい。

 

また、学生の方には、書写技能検定資格取得者には、「入試優遇校」も高校、大学、短大、各種専修学校135校において行われていますので、そういった制度を利用するのもいいと思います。

 

もちろん、社会人の方は履歴書の資格取得欄に書くことが出来ますし、社会に出ると「文字が与える印象」が有利に働く場が多いです。

 

ですので、文字にコンプレックスを感じている方は、ぜひ「実用ボールペン字」にて、「硬筆書写検定の」の資格取得を目指してみてください。

ユーキャンで実用ボールペン字講座